読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

book

日本文学史 古代・中世編/小峯和明 編著

日本文学史 古代・中世編作者: 小峯和明出版社/メーカー: ミネルヴァ書房発売日: 2013/05/10メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見るこの本は大学の日本文学史の授業で教科書として使われたりするのでしょうか、専門の研究者たちが領域ごとに章立…

丸谷才一全集刊行開始

丸谷才一『丸谷才一全集』全十二巻 | 特設サイト - 本の話WEB丸谷才一全集 第五巻 「女ざかり」ほか作者: 丸谷才一出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2013/10/16メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る 10月13日に一周忌を迎える、丸谷才一全集…

連続講座 書物の達人 丸谷才一@世田谷文学館

※むちゃくちゃに長いエントリです。もう二ヶ月以上前になりますが、丸谷才一についての連続講座が以下のように予定され、全五回のうち初めの二回に行ってきましたよ。6月22日(土) 川本三郎(評論家)「昭和史のなかの丸谷才一」6月23日(日) 湯川豊(文芸評論家…

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。/エレイン・N・アーロン

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 (ソフトバンク文庫)作者: エレイン・N・アーロン,Elain N.Aron,冨田香里出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ発売日: 2008/03/18メディア: 文庫購入: 29人 クリック: 87回この商品を含むブログ …

不思議に思ったこと(「眠い」/村上春樹)

カンガルー日和 (講談社文庫)作者: 村上春樹,佐々木マキ出版社/メーカー: 講談社発売日: 1986/10/15メディア: 文庫購入: 9人 クリック: 120回この商品を含むブログ (151件) を見る 短編小説集『カンガルー日和』に収められている「眠い」という話、わたしも…

ご冗談でしょう、ファインマンさん

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)作者: リチャード P.ファインマン,Richard P. Feynman,大貫昌子出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2000/01/14メディア: 文庫購入: 56人 クリック: 1,250回この商品を含むブログ (280件) を見る ご冗談…

持ち重りする薔薇の花,裏声で歌へ君が代/丸谷才一

持ち重りする薔薇の花作者: 丸谷才一出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2011/10メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 8回この商品を含むブログ (13件) を見る 裏声で歌へ君が代 (新潮文庫)作者: 丸谷才一出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1990/07メディア: 文庫…

Ken牛乳

Ken牛乳作者: Ken,L'Arc〜en〜Ciel,音楽と人出版社/メーカー: 音楽と人発売日: 2013/01/25メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る わたしはKenちゃんのソロのこととかほとんど追えてなかったんですけど、LE CIELの会報の広告に…

督促OL修行日記/榎本まみ

督促OL 修行日記作者: 榎本まみ出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2012/09/22メディア: 単行本購入: 5人 クリック: 83回この商品を含むブログ (26件) を見る クレジット会社で、お金を振り込んでいないお客様に督促を行う仕事のOLさんの体験談ブログを元に書…

IDOL DANCE!!!/竹中夏海

IDOL DANCE!!!: 歌って踊るカワイイ女の子がいる限り、世界は楽しい作者: 竹中夏海出版社/メーカー: ポット出版発売日: 2012/12/07メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 33回この商品を含むブログ (12件) を見る この本は、ぱすぽ☆(PASSPO☆に表記を変更する…

THE HYDE

笹まくら/丸谷才一

今まで読んだことのある丸谷才一の長編小説は、物語文の中にとつぜん長い論説文が顔を出すところがおもしろかったです。笹まくらは、論説文は出てこなくて、時間軸がまぜこぜになっていて、小説としての工夫がすごく凝らされてところがおもしろかったです。 …

猿蟹合戦とは何か/清水義範

猿蟹合戦とは何か―清水義範パスティーシュ100〈1の巻〉 (ちくま文庫)作者: 清水義範出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2008/12/10メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 16回この商品を含むブログ (17件) を見る 丸谷才一の文体模写「猿蟹合戦とは何か」を読み…

輝く日の宮/丸谷才一

輝く日の宮 (講談社文庫)作者: 丸谷才一出版社/メーカー: 講談社発売日: 2006/06/15メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 6回この商品を含むブログ (25件) を見る 女ざかり、樹影譚と2ヶ月にいっぺんのペースで丸谷才一の本を読んでいて、3冊目になった。これ…

樹影譚/丸谷才一

樹影譚 (文春文庫)作者: 丸谷才一出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 1991/07/10メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 9回この商品を含むブログ (14件) を見る Amazonが送料完全無料になったので、文庫本一冊をぺろっと注文してしまったらぺろっと一冊で届いた…

女ざかり/丸谷才一

女ざかり (文春文庫)作者: 丸谷才一出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 1996/04/10メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 47回この商品を含むブログ (21件) を見る わたしは卒論で丸谷才一の「たった一人の反乱」について書いたので、この本も読みたいなあと思っ…

滝山コミューン一九七四/原武史

滝山コミューン一九七四 (講談社文庫)作者: 原武史出版社/メーカー: 講談社発売日: 2010/06/15メディア: 文庫 クリック: 353回この商品を含むブログ (47件) を見る 文庫化されて読みました。表紙がかっこいいね。新興団地しかない町の小学校で行われた実験的…

1Q84 BOOK3/村上春樹

1Q84 BOOK 3作者: 村上春樹出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2010/04/16メディア: ハードカバー購入: 70人 クリック: 2,125回この商品を含むブログ (683件) を見る スプートニクの恋人を少し思い出しました。すみれは物語をきちんと書くことができなかったの…

レキシントンの幽霊/村上春樹

病院に行ったので、待合室で軽く読めそうな本を持っていきました。以前授業のためにいくつかの短編を読みはしても全部に目を通してはいなかった。 ふだん本を読む集中力がぜんぜん残されてなくて、インターネットとかに気を散らして余暇が終わっています。 …

あのひととここだけのおしゃべり/よしながふみ

この前まんがの話をしていたときに多分この本の話題が出てきたので読みました。 よしながふみ先生のバイタリティあふれる性格があんまり合わなかったり、こういう人たちはこのまんがのことを全然わかってないよね!わたしはわかっている!っていう話になんだ…

なんとなく、クリスタル/田中康夫

気持ち悪い本なんだろうなーと思ってて、でも高度経済成長期以降の都市生活者(わたしにとって興味あるテーマ)を描いた作品として非常に重要とされており、読んだらおもしろかった笑 きもいとこもあるし、金銭感覚違ってるだろうけど。 だって膨大な註はは…

savage

1Q84の戎野先生が、学生運動のおわりごろ有名な人物だったんだけど、アカデミズムと合わなくて、いまは隠遁して株で儲けているみたい、ていう設定なので、庄司薫を連想した。 庄司薫と中村紘子が、なにかすごい美少女を引き取って育てていて、その子が庄司家…

1Q84/村上春樹

バクマン。とデスノートを合わせたようなところがある話で(青豆って名前、亜豆と似ているし)、ふかえりのこととかいろいろ、ええーって思うことはあったけど、とてもおもしろかったです。コミューンの話とか興味深い分野。 読みながら、まず思ったことは、…

サルトル『むかつき』ニートという冒険/合田正人(理想の教室)

サルトル『むかつき』ニートという冒険 (理想の教室)作者: 合田正人出版社/メーカー: みすず書房発売日: 2006/08メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 23回この商品を含むブログ (9件) を見る 親の仲が悪く、具合が悪くなり、学校に行かなくなる「きみ」に向…

『悪霊』神になりたかった男/亀山郁夫(理想の教室)

かつて、かんたんな新訳の『カラマーゾフの兄弟』にすら力尽きた私だけど、これは短くて読めたわよ!

『銀河鉄道の夜』しあわせさがし/千葉一幹(理想の教室)

『銀河鉄道の夜』しあわせさがし (理想の教室)作者: 千葉一幹出版社/メーカー: みすず書房発売日: 2005/07/09メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 2回この商品を含むブログ (9件) を見る 理想の教室に熱中してるの。友達が銀河鉄道の夜で卒論を書い…

理想の教室

みすず書房の理想の教室シリーズに最近はまってます。薄くて三回の講義仕立てになっていて、高校生〜大学生向けでとても読みやすい。なんかあんまり納得行かないところもあるけど、それもまた理想のとはいかなくても授業を受けている感覚です。

わにわに物語/新井素子

小学生のころ読んで記憶に残っていたのでまた読みました。そのときは話はよくわかんなかったんだけど、ぬいぐるみをぬいと呼んで人格を認めるのに共鳴しました。私も今にいたるまでぬいをかわいがってます。新井家のぬいはけっこう猛獣系(わに、蛇など)で…

夜は短し歩けよ乙女

文庫になったので買って、年末に読みました。あんまりわかってなくて、多部未華子が夜歩く学校行事の話だと思って読み始めたら、しばらくして、どうやらそれは違うぞってことに気づいて恥ずかしかったです。でもおもしろいです。 解説に代えたイラストを羽海…

女装と日本人/三橋順子

ざっと読んだだけですが、古代以来日本人は女装(異性装)に寛容だし、女装が文化のなかにあったことがわかりました。あと筆者の実体験に基づく実情が詳しく書かれています。 私は本当に幼い頃からずっとテレビなどで女装者を見るのが好きで、幼稚園の頃も家…

「週刊少年マガジン」 五〇年 漫画表紙コレクション

「週刊少年マガジン」 五〇年 漫画表紙コレクション作者: 週刊少年マガジン編集部出版社/メーカー: 講談社発売日: 2008/09/19メディア: 新書購入: 3人 クリック: 51回この商品を含むブログ (16件) を見る 超ほしかった本を入手しました。まじ最高で興奮して…

やっぱり心の旅だよ

四国―小豆島・淡路島 (まっぷるたびまる 23)出版社/メーカー: 昭文社発売日: 2007/03メディア: 単行本 クリック: 3回この商品を含むブログ (1件) を見る 今度四国に旅行したいなーと思ってガイドブックを買ってきました。若い女性向けってかんじで読みやすい…

不可能性の時代/大澤真幸

高度経済成長期の終わりらへんが好きで、大澤真幸の言う理想の時代→虚構の時代のうつりかわりに興味があって読みました。社会学のことは何にも知らないけどとても読みやすいし、言い回しもかっこいいし、腑に落ちる本だと思いました。 私は今もう、ラルクの…

スプートニクの恋人

今日はテストでがんばりました。授業でやったのの中から一番好きなスプートニクの恋人を選んで書いたよ。すみれがもがいているかんじが好きで、珍しく感情移入して読みました。小説が書けないところと、スペイン語ができるところがいい。そしてなんといって…

Kの昇天/梶井基次郎

檸檬 (新潮文庫)に入っています、青空文庫でも読めます。*1 まず、先入観と違っていてとても面白いな、と思ったのは、健康な「私」が死や精神病に醒めたまなざしを向けるところです。なんか小説の主人公って死とかに憧れを抱いているのがお決まりだと思って…

ねじまき鳥クロニクル/村上春樹

とてもむずかしいし長い長い本だった。今まで読んだ村上春樹の本の中でいちばんやっかいだった。読んでいると頭の中にいくつか連想される事柄が浮かぶのですが、わかったというわけでは全然ない。来週の授業を受けたら理解が進むかしら。(今週は、先生もま…

桜の森の満開の下/坂口安吾

院のゼミの課題で読んだ。日文なのに、こういう有名な話を押さえていないから、自分あほだなーと思う……。 さらにあほな感想なのですが、ラストシーンで山賊が美女を絞め殺して、どちらも桜の花びらの中に溶けて消えてしまう。これはエヴァ劇場版のラストと似…

国境の南、太陽の西/村上春樹

授業でやるので読んだ。バブルだし中年男性だし、感情移入しにくいわ。でもハジメくんは薫くんと同学年なんだもんねーと思ったらすこしものさびしい。 そうそう私が子供の頃も(小学校低学年ぐらいまで)、一人っ子はわがままだということがすごく言われてい…

ノルウェイの森

ばかにせずにちゃんと村上春樹を読むようになるなんて……。 ちょっと昔は、心の病気の人は少数派で、タブーだったんだけど、今ではあんまりふつうなので、特別な言い分にはならなくなったんだなあ、と思いました。たんに私の言い分が通らないだけかもしれない…

海辺のカフカ

さんざん無国籍な感じじゃなきゃいやとか言ったのだけど、この本は野方とか、高知とか、ふつうに日本の話です。主人公のような15歳ごろに読んでいたらギャッてなってはずかしくて読めなかったかもしれないけど、読めたから、うれしかった。とにかくナカタさ…

家族としての犬と猫

勉強のために読んだんですけど、文豪とかが書いた犬猫がテーマの短い話がいっぱい入っててふつうに読んでて楽しいです。

太陽の塔/森見登美彦

たまたま読んだらクリスマス前の話だったのでぴったりでした。庄司薫みたいっていう意見もあるのかな?私は優しいサヨクのための嬉遊曲を連想しました。主人公の友人達がそんなふんいきで変わった名字なので。あと清涼院流水が自転車を引いている、昔雑誌で…

村上春樹にご用心/内田樹

なんでこんなタイトルなんだろうね。 雪かき仕事と世界の憎悪(猫の手をつぶすみたいな!)の関係というのは、薫くんがお兄さんたちに牛乳を届ける役割をすることと、マスメディアが若者を食いつぶしちゃうことと対応しているなあ。 ただ村上春樹の本は土地…

かんたんなのに……

古典新訳文庫で、こいつは読みやすいおもしろいと評判の、カラマーゾフの兄弟をちびちび読んでいて、たしかに読みやすいんだけど、全然進まないのがなやみです。まだ一巻の65ページです。なかなか本を読む時間がないので、だらだら時間をすごしてしまうよう…

庄司薫

勉強を続けています。「ぼくの大好きな青髭」、なんども泣きそうになってしまったわ。エッセイもなるほどなあと思うし、時代の流れを先取っているんだろう。でも肝心の時代を先取っていた根拠(当時の様子を書いてある本)が見つからなくてこまっている。

『百年の誤読』岡野宏文・豊崎由美

20世紀のベストセラーをすきかってに評価している。ので全体的にきままだなーというだけの感じなんだけど、「赤頭巾ちゃん」がサリンジャーの世界に×を付ける話に対して世界に〇を付けようとする話、というのはとても納得するし、けなされてなくてつい安心し…

あー

『ミルナの禁忌』は『見るなの禁止』が元なのかーどっちも知らないけど!

大塚英志の本

庄司薫の論文を先生にすすめられてサブカルチャー文学論と村上春樹論―サブカルチャーと倫理 (MURAKAMI Haruki Study Books)を読む。勉強を自分で進めないといけないのは自分に合ってない気がする。ぐだぐだなMPDサイコのこと(コミックチャージに移籍してもそ…

「キャッチャー・イン・ザ・ライ」「サリンジャー戦記」

村上訳の「キャッチャー」と、その翻訳を出すにあたって村上春樹と柴田元幸が対談している新書を読みました。ふだんはぜんぜん本を読まないんだけど、なにしろすることがないので。でもなぜか、昔から4月だけは本が読めるんだよなー。 「キャッチャー」は、…

モダンガール論/斎藤美奈子

近代の女性の生き方をまとめてある。20世紀の命題は「社長になるか、社長夫人になるか」だったんだけれども、21世紀の女性の第三の選択肢として「出世から降りてふつうに生きる」ということが文庫版になるにあたって書き加えられていたよ。ハングリー精神が…