音楽戦士

青木さやかがはっちゃけて、それをラルクの人たちが冷めた目で見ているので冷や汗が出る。でも、盛り上げ役に対するテンションの低さはいつものことだからなあ。ラルクに対して、不満とか、文句とかは必要かもしれないけれど、心配って本当に余計というか、必要ないんですよね。あ、少なくとも私の場合は。ほとんど結果として杞憂かヲタの意識過剰なんだもん*1たとえばCDに「どこ見てんのよー」が入ったりするのかなあ…とか一瞬ちょっとイヤだなって思うんだけど、もうすでに「1,2,3,ギョー」があったわけだからそれはこえないだろう、みたいな。他にも、たとえば新曲が超ロマンチックだったらどうしよう、って心配しても、「あなた」は超えないだろう、とか。ギョーもあなたも好きですけどね。投げやりかもしんないけど、シングルのカップリングなんてさんざんふざけちゃえばいいんじゃないですか。A面次第だし、あとあと残るのはアルバムだから収録されないし。それにしても、「Round and Round 2005」だっけ?曲自体がすでにとんでもないですねー(笑)。代々木で観たんだよなあ。
kenちゃんの社交性は特筆すべき。意識的に発揮してるのかは知らないけど。

*1:非ヲタはそんなの気にしねーよ、みたいな

広告を非表示にする