ラニバその2

今回のタイムマシンの演出は、とてもおもしろくて、とくに00年のカウントダウンをリプレイしたのがよかったです。ファンじゃなかったときのは追体験できるし、ファンになってからのはなつかしくて、1999年とか2000年の中学生の自分が俯瞰されて、甘酸っぱかったです。MDコンポで曲を聴いたり、毎日7分ぐらいしかないフライング・ラルク・アタックを楽しみにしていたんだった。2000年になった瞬間はラジオで解禁されたネオユニを聴いていた。そういうのが、STAY AWAYのサラリーマンダンサーが舞台に出てきたり、finaleで貞子がhydeの背後にあらわれたりして、すごく思いだしやすく、史上最大ね心のビッグパレード。と思いました。
ホールツアーでは知らない曲をたくさんお披露目してくれるかな。ホールツアーとか、新曲を聴くとかは味わったことがなくて、まだ行ったことないタイプのライブに行くのもたのしみ。
ぶっちゃけ最近あんまラルクきょうみないやーと思っていたのに、すっかりまたはまっちゃった。
ラルクだけで、120曲とか?あるんだから、MDで十分と思ってたけどipodほしくなってきたよ。

広告を非表示にする