庄司薫

ぼくの大好きな青髭 (中公文庫)狼なんかこわくない (中公文庫)
勉強を続けています。「ぼくの大好きな青髭」、なんども泣きそうになってしまったわ。エッセイもなるほどなあと思うし、時代の流れを先取っているんだろう。でも肝心の時代を先取っていた根拠(当時の様子を書いてある本)が見つからなくてこまっている。

広告を非表示にする