ピカピカあきやすみ

秋休みの初日はひさしぶりに一日なんもない日だったので友達とずっと遊んだ。QMAとかやって。
あとまんがの森で、カバーがかかってないので、乙男としゅごキャラをすこしずつ立ち読みして、すごくすごく罪悪感に駆られました。今度漫画を買うときはあそこで買います。しゅごキャラは主人公の名前があむちゃんなのがかわいいです。
カラオケでだいたいジャニばっか歌ってたら、隣の部屋の人たちもいろいろイッツマイソウルとか歌ってて、ガラスの十代が聞こえてきたときは複雑だった。硝子の少年へのコンボにつなげてた。
UFOキャッチャーのピカチュウのぬいぐるみがほしくて、7回ぐらいやってもぜんぜん取れなくてあきらめようとしていたらおじさんが300円費やして取ってくれた……。まず、うれしさより申し訳なさと気まずさとこわさがすごかったけれど、いい人だったし、大事にします。
あと、ガチャポンコーナーで、押すとシャアの声が出るおもちゃをこんなんあるんだな〜って見ていたら、後ろから店員さんが「次はランバ・ラルのが出るんですよ…『ザクとは違うのだよ、ザクとは』」と話しかけてきて、かなり衝撃的でした。「あっ…たしかにこれは赤い彗星編ですもんね…」ガチャポンコーナー(まわりにはほかになにもない)に立っている仕事って一体……。
ふつうの繁華街での遊び方オタ風味だなあー

広告を非表示にする