樹影譚/丸谷才一

樹影譚 (文春文庫)

樹影譚 (文春文庫)


Amazonが送料完全無料になったので、文庫本一冊をぺろっと注文してしまったらぺろっと一冊で届いた。ぜいたくでこわい。
収録されている「鈍感な青年」で、二年前に行ったことがあってすごい盛況だった佃島のお祭りにデートで出かけるんだけど、盛り上がる本祭は三年に一回で、今年は陰祭で縁日とかもやっていなくて、しょんぼりしちゃう場面が、こういうことあるある、って強く思って、そこが一番おもしろかった。人をおすすめのお店に連れて行ったら、その日はお休みだった、みたいなことすごいある。
「出生の秘密」と「若い読者のための短編小説案内」を読み返してみよう。

広告を非表示にする