読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011 8/6

RIJFに初めて行ってきたよ。乗り物酔いをだいぶ克服したのと、HALCALIが出るのが土曜日で都合がよかったので参戦しました。

いきなり一番目当てのHALCALIをWING TENTで見ました。サウナ状態とYUCALIちゃんも言っていて、汗だくになりました。木暮さんが黄色いサンバイザーに前髪を全乗せして登場するのを見るとやはり高まります。
「フェスでウィッス!」で始まって、わたしにとって初めてのフェスの1曲目がこの曲でぴったりでした。ユアソンの部分をロッキンって替え歌してたよ。
SUPERSTITIONSのダンスをみんなで練習して踊ったのも楽しかったな。
マーチングマーチの80KIDZ REMIXは今回絶対聴きたかったからうれしかった!ガンガン踊ったー!欲を言えば、ギリギリ・サーフライダーもやってほしかったなー。
入場制限になるほど超満員だったのですね。いつもよりすっごくたくさんの人と、いっしょにHALCALIを聴いて盛り上がれるのはすごく楽しくて、来てよかったなと思いました。
セトリ、いつもながら順番違うかも↓

フェスでウィッス!
嗚呼ハルカリセンセーション
エレクトリック先生
タンデム
Girl!Girl!Girl!
今夜はブギーバック
SUPERSTITIONS
マーチングマーチ(80KIDZ REMIX)

テントを出たら強烈な日射しが一面を焼いていて、バスタオルを調達してかぶったり、みなと屋で冷やし茶漬けを食べてひんやり&塩分補給したりしました。おいしかったです。
なぜか最近One Night CarnivalにはまったのでGRASS STAGEの後ろで氣志團を見ました。おもしろかったです。
森の中で日射しをよけて一休みしながら聞こえてくるYUIちゃんの歌声に耳を傾ける。「CHE.R.RY」がやっぱめっちゃ盛り上がってました。「翼をください」を合唱してたんだけど、けっこう前から、もうこの曲って逆説でしか使われないというか、「飛び立つのを夢見ていたあの頃…。しかしそれはかなうことはなかった…。」みたいな、バッドエンド感がすごくて、ずーんとなりました…。なんの影響だろうか…。White Feathersかな。
トライセラも気になりつつ、グラスに戻ってカエラちゃんを遠くから見たよ。YUCALIちゃんとちょっと話しっぷりが似てたんだけど、カエラちゃんはとにかく謙虚で心が美しい人って感じがすごくして、あんまり好きじゃなかったけど考えを改めたよ。すみませんでした……。「Butterfly」とか難しそうな曲なのに歌も上手だなと思った。
日も陰ってきたので、行列に並んでハム焼きを食べた!RIJFのことをぜんぜん知らなかったけど、なぜかハム焼きのことは知っていて、楽しみにしていました。肉!って感じで食べ応えがあって超おいしかったです。

スタンディングエリアに行って見ました。
Mステとか見てて、なんでこの人たちはしっかり振り付けして踊ってるんだろう…と思ってたけど、その方がかっこいいからだな!とわかった。
夏にぴったりで絶対聴きたかった「熱帯夜」と「太陽とビキニ」と「楽園ベイベー」全部やったし、パフォーマンスをビシッと決めててすごくスカッとしました。「今日も暑いひたちなかになりそうだ」って歌ってました。5,4,3,2,ワンターイムってのが楽しかった。SUさん超かっこよかったー。でかい音で聴けるとやっぱり楽しさが段違いで、リップのワンマン行きたいなと改めて思いました。
次第にすっかり日も落ちて、芝生でユニコーンをぼんやり聴きながらごろごろしてました。アンコール「大迷惑」では立ち上がって踊ったー。帰りたい!帰りたい!て曲だけどみんなずっと帰りたくないと思ったことでしょう。ユニコーンは、30代半ば以上ぐらいの、子連れで来てるファンの人たちが多くて、小さい子供も楽しく過ごして踊ってて、子供を連れて好きな音楽を楽しめるというのはいいな、成熟した文化だなと思いました。
花火もどかどか上がって、大満足で長い一日がおしまい。最後に富山ブラックラーメンを食べておなかいっぱいで帰りました。
野外フェスは、もっともっとストレスフルなものだというイメージがあったんだけど、お客さんもマナー悪い人には出くわさなかったし、運よく雨にも降られなったし、全体的にすごく快適で楽しくて、行ってよかったです。