読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅田えりかちゃんワンマンライブに向けて

歌手活動再開おめでとうございます!
皆さんへご報告があります。|梅田えりかオフィシャルブログ「えりかのSWEET DIARY」Powered by Ameba
ブログの記事がとてもうれしい内容だったので、昼夜公演とも行く予定です。
910の日前夜祭と当日、武道館公演についてのえりかちゃんのtweetは、一個目のはうれしく思いましたが、二個目のを見た時はつらかったです。

卒業してモデルに転身して、GINGERに出たりハーフマラソンを完走したりすごい成果もあるけど、しまむらのチラシに出たり、ブログは美容院やネイルサロンの宣伝ばっかりだったりして(上記の記事も美容院の宣伝ぽいのはどうかと思うけど…)、今の5人を見ていてくやしくなったりしないのかな?自身も大きく成長していく過程にあると思えているのかな?って感じてしまったからです。
でも、ブログには、表面的には見えない苦悩が綴られていて、卒業してからの苦労や葛藤がわかりました。
そして、9月頃に音楽活動再開を決心したと書いてあったのがうれしかったです。

えりかちゃんは、恵まれた美貌、しなやかなダンスの映えるスタイル、かわいい歌声を持っていて、それがステージの上でまた見られるのはとてもうれしいです。普通のかわいい子とは違う、やっぱり特別な輝きを放つ存在だと思います。

もうひとつえりかちゃんの好きなところは、弱点なのかもしれないけど、生き残りの激しいアイドルの世界で幼い頃から厳しいルールを課せられて、それを疑わずひたすらストイックに生きることも、豪胆にうまいこと立ち回ることもできないところです。勝手な思い入れですが、器用に生きれないところがすごく好きだな、と思ってしまいます。
モデルに転身することで、もっと自分のやりたいようにやっていけるのでは?と決めた道なのに、なかなか順調ではなく、皮肉なことにアイドルがモデルのお仕事をすることもどんどん当たり前になっていきました。

かわいくてその上気迫のこもった子も、そんなにかわいくないけど戦略とかがすぐれた子もたくさん活躍している今のシーンで、かわいくて器用に生きれない子がわたしにとっては思いを寄せる対象、あこがれのアイドルなのかもしれません。

ステージの上で歌って踊るのってやっぱり最高に楽しいとえりかちゃんが思えて、見ている人たちがえりかちゃんの輝きに魅了されるコンサートになるといいなあ。