読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅田えりか LIVE 2014 アルバム「erika」発売記念ライブ@Mt.RAINIER HALL 2/9

f:id:wafers:20140212220841j:plain
f:id:wafers:20140212220826j:plain

erika

erika

雪が降った翌日、楽しみにしていたえりかちゃんのアルバム発売記念ライブ!持ち曲が7曲もあって、カバーも楽しめて本当に充実した環境だと思います。アルバムを購入すると2shot撮影ができるのもうれしかったです。
マウントレーニアホールには初めて行ったのですが、渋谷の街中で時間をつぶすのがすごく楽だし、座席配置がゆったりで椅子もふっかふかで非常に快適でした。ドリンクでマウントレーニアが飲めるのも割には合わないけどおいしくてうれしいです(笑)。
えりかちゃんはアルバムジャケットのドレスにカラフルなビジューとパールのネックレスというファーストライブと同じ衣装に、髪型はすごく上の位置でさらさらのロングをポニーテールにしていました。ダンスで髪の毛の先が躍動していましたよ。
erika」というアルバム名について、モデル活動を経てソロアーティストとして再出発するにあたって、バリエーション豊かな楽曲から様々な側面の自分を見てもらいたいという思いを込めて自分の名前を冠したそうです。
私がいた位置の違いかもしれませんが、ファーストライブより音響もずっしりよく聴こえたし、えりかちゃんの歌声もより自信や強さを感じました。ヴォーカルも音源を少しかぶせてあるのですが、前回よりライブの声がよく出ていたんじゃないかな?音源を聴くと、歌い方がまるで寛子みたいだなーと感じる高音の域も、よりえりかちゃんらしい表現に感じました(音源はちょっと加工してあるのかな?よくわかりませんけども)。
ファーストライブでは、とにかくえりかちゃんが歌のステージに再び現れたことに感無量だったのに対して、今回は曲ももう知ってるし、よりエンジョイできました。
一番好きな曲は、「キミはClione」です。冒頭の「ねぇ愛してる?愛してない?」ってところがサビっぽいのに、さらに「キミはまるでクリオネ」ってところが新しいサビみたく現れて、クリオネダンスの振り付けがあってかわいくて楽しいです。
「Crush on You!」も、曲もMVもかわいくって、間奏のポージングが好きで特にお気に入りの曲です。
MCでは、動物に感情移入しすぎてしまうという話題で、飼っている犬にペロペロ顔を舐められると舐め返すどころか舌を吸えちゃうほど愛情を持っている話や、かわいそうな犬(散歩中苦しそうに引っ張られていたり、ペットショップで寒そうな環境に置かれている)を見ると、飼い主や店員さんについ忠告してしまってヤバい雰囲気になってしまったり、ふぐ料理屋さんの通りに面した水槽の中で、ふぐが口をパクパクさせているのを見ると「た・す・け・て」って言われてるように感じてしまって、「助けてあげられなくってごめん……」と苦しく思ってしまったり、車に乗っている時、牛や馬を運んでいる車を見かける時も、目だけ窓から出している牛や馬がかわいそうで「助けてあげられなくてごめん」という気持ちになるそうです……。周りからはかなりヤバいと言われていて、ラジオのパーソナリティーさんからは「前世が動物か、動物関係の職業だったのでは?」と言われたそうです。もし前世がわかったらTwitterで報告すると言っていました。
えりかちゃんの、こういう感受性が強いというか、強く気持ちを相手に投入してしまう優しいところは長所だと思うけど、えりかちゃんだってお肉やお魚を食べてサムギョプサルが好物だったりするわけだし、もうちょいうまいこと折り合いつけていこうぜ!と思ってしまいました……。
前回に引き続いて、こんな風に思われたいし、ファンのことをこんな風に思っていると歌詞に強い思い入れがあるという「POP STAR」を聴けて私はとってもうれしかったです!!Aメロの低音のむずかしいところもよりスムーズに歌えていると感じたので、今後も聴けたらうれしいなあ。
好きで普段も聴いているというBOØWYさんのカバーの「ONLY YOU」、私はわかんないので知ったかぶって過ごしたんですが、岡井ちゃんもカバーしているというのもあってか、他のお客さんとの掛け合いもばっちりでした。えりかちゃんも親世代の影響でなじみがあるのかな。個人的にはわかんない曲だったけど、ライブのセットリストを組む上でたとえば「僕らの輝き」みたいに盛り上がる曲を入れたい、と考えたときに、系譜の上でルーツとなるであろうこの曲が選ばれるというのはすごく理解できるなと思いました。
アンコールでは、大胆にカットしたライブTに、今回は白いクラッシュデニムのショートパンツを合わせて登場しました。時期に合わせて「バレンタイン・キッス」を披露してくれて、やっぱこの曲が鉄板だろうけど、個人的にはあんまり馴染みがないので(世代的にはテニプリファンが聴いてるというイメージしかない)、80年代の名曲もいいけどもうちょい後の鉄板ソングをカバーしてくれたらもっとうれしいな……。でも、イベント等に「興味ない、会社の人とかも誘って来てください!」と言っていたようにファンの年齢層が高いことをベースにしていて、全般的にはニーズに合っているのだろうなー。
テンション上がってきちゃったので、もう一回歌っていいですか?ということで「Crush on You!」でばっちり締めていました。
最後に東名阪ツアーの告知があってうれしかったです。23歳のバースデーによりパワーアップしたえりかちゃんに会いたいです!

01. Crush on You!
02. All for U!
03. Waitin' For Your Love
04. New Year Song
05. POP STAR (平井堅カバー)
06. ONLY YOU (BOØWYカバー)
07. White Anniversary
08. キミはClione
09. My Sunshine
EN.
10. バレンタイン・キッス(国生さゆりカバー)
11. Crush on You!