読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逃げるは恥だが役に立つ(7)/海野つなみ

満を持してのドラマ化決定!楽しみですね。
この7巻は、海野つなみ先生のまんがらしさがすごく出ていて、おもしろかったです。
登場人物それぞれが、自分の「説」(アイデアや価値観)を語ることでお話がドライブしていく感じと言いましょうか、絵的にはすごくスタティックだったりするので、絵の動きで魅せる漫画とは全く方向性は異なるのですが、「説」がどんどんストーリーを進めていくのもまた読んでいて固有のおもしろさがあるなと感じています。推理漫画の楽しみに近いのかもしれない。
それを踏まえて、登場人物たちが抱えている「説」が実行に移されたらどういう結果を生むのか、続きが気になります。例えばみくりは、アイデアを思いつくことは得意で、仮説を立てる能力があるんだけど、それをビジネスとして実際にやってみてうまく成功させられるのかがちょっとよくわからないなと思いました。その辺が就職活動がうまくいかなかったところに結びついているように感じました。
この後の展開で描かれるかはわからないけど、「説」を実行に移したらどうなったというのは読みたいところだなあ。みくりは八百屋さんのアイデアについては今のところPDCAのPのフェーズという感じなので、少なくともDまでは描かれるのを期待します。