寺沢大介原画展

f:id:wafers:20161011172730j:image

f:id:wafers:20161011173432j:image

寺沢大介先生の画業30+1周年を記念した原画展が銀座で開催されました。

わたしにとって将太の寿司は心の養分と言ってよく、幼いわたしを培った大好きな作品なので、原画を見ることができてすごくうれしかったです。もちろんミスター味っ子喰いタンなど他の作品もたっぷり堪能しました。味皇さま迫力がすごい。すべて撮影OKでありがたかったです。

さらに、生原稿がなんと1枚1000円という破格の値段で販売されていました。家族が処分に困るだろうから、それよりはファンのもとに引き取られて行った方がよいとのお考えで、売上は寄付されるそうです。おかげで原画を手に入れることができたので、大切にします!

 f:id:wafers:20161011172739j:image

大好きな大年寺三郎太(と武藤鶴栄)のイラストも展示されていました。マガジンのプレゼント用テレカのカットなのかな?「硬貨を使わずして電話をかける!!/名づけてテレホンカード!!」「小童(こわっぱ)ども!!/心して使うが良い!!」

将来わが子にもぜひ将太の寿司を読んでもらいたいものです。おいしいお寿司に魅了されながら、人情とは何たるかを解してもらいたいです。

広告を非表示にする