花火

土曜日はお盆帰省しない実家組で東京湾花火大会を見に行きました。倉庫街にビニールシートをひいておかしや焼きそばや酒をもぐもぐしながらゆったり見れて楽しかった。花火始まるまで四時間ぐらいあったけど、友達とべらべらくっちゃべってたら大丈夫だった。人がすごいから、行くまではめんどうだったけど、帰り以外はぎゅうぎゅうにならなかったので、行ってよかったです。
目の前が海で、保安船が荒波に揉まれていたり、セレブたちがクルーザーを飛ばして集まってきていたり、豪華な船(フィッシュ・ストーリーに出てきたみたいな)がたくさん通っているのを眺めてた。
ねこ形や、星形ハート形さかな形ミッキー形スマイル形の、もようの花火が一番びっくりしておもしろかった。
今までで、戸田公園の川原で見た花火がいちばん近くに降ってくるようで迫力があった。
東京湾の花火は、長いし凝っていて、王様って感じだった。ばんばん連発するから、キラキラの密度がすごく濃くて、空がラメラメの光のかたまりになっていた。
今年は浴衣を着ていないから、花火大会はあらかた終わってしまったけど、なにかの機会に着たいです。

広告を非表示にする