もやしもんのこと

今朝のエントリで書いた、もやしもんを読んでいて起承から進まないのを感じることについて考えてた。ひとつのダンジョンが始まって、途中にミニゲームをやたら挟まされながらも攻略しようとしたら途中から先には進めなくて、また新しいダンジョンにワープしちゃう。
それって直保が大学一年生だからなのかな?と思った。一年次は講義でも入り口の部分までしか扱われないように、農の世界にアクセスできる範囲が限定されている。樹教授はなんでも知っているし、どこにでもアクセスすることができる。
直保は菌が見える特徴があるから、世界がある範囲までしか見えないのは意外なかんじがした。
ぜんぜん間違ってる捉え方かもしれないけど、わたしの中ではこれで納得がいって読みやすくなった。

広告を非表示にする