みょうじ

改姓すること自体にあまり抵抗はない…と思っていましたが、実際氏名変更の諸手続きがめんどうくさいことはつらかったです。
みんなもっと姓名をガンガン変えられる世の中になったりしてもいいんじゃないのかなぁとさえ思いました。
自分を旧姓で認識している人たちには旧姓をそのまま通し続けていきたいと考えています。
たとえば、私が旧姓江本だとしたら、みんなに「江本さん」とか「エモヤン」と思われていて、ある日戸籍の上では土井垣になったとしても、「江本さん」「エモヤン」として認識されている私はいなくならない、という感覚があります。
と、改姓について思いを馳せる日々でしたが、あることが発覚しました。
氏名変更届を書いているときに、配偶者から「下の名前の書き順が違うのでは?」と指摘が……。
ずっと変わることがないと思ってきた下の名前の書き順を間違えて覚えていたことが発覚し、衝撃を受けました。
正しい書き順の練習をしていますが、今さら直そうにも難しく、苗字どころか名前にまで違和感を覚える瞬間もあります……。
めんどうくさいという気持ちの矛先が、改姓から書き順へ一気に向かいました。

広告を非表示にする